1. TOP
  2. 保証協会団信について

保証協会団信について

保証協会団信とは

信用保証協会の保証付融資を受けられた個人事業主または法人代表者の方が、その債務を全額支払われないうちに死亡もしくは所定の高度障害といった不測の事態に陥られた場合に、当該保険金をもとに金融機関に対する債務を弁済することによって、事業の維持安定とともに、ご家族の安心をはかることを目的とした制度です。保証協会の「プラスワンサービス」として実施(任意加入)しているもので、保証協会団信の加入と信用保証の諾否とは全く関係ありません。

保証協会団信のしくみ

個別の保証付融資に関し、一般社団法人全国信用保証協会連合会(以下連合会という)と生命保険会社の間で、中小企業者等を被保険者とする団体信用生命保険契約を結びます。
保証協会団信付の保証契約が完済する前に、被保険者が死亡もしくは所定の高度障害といった不測の事態に陥った場合、連合会が生命保険会社から受け取る保険金で金融機関に対する当該債務を弁済するものです。

被保険対象者

次に該当する方で、加入申込日現在満20歳以上、満71歳未満の方(満75歳の日の属する弁済責任期間の末日まで保障)
①個人事業主の場合は本人
②「中小企業者」に該当する法人の場合は代表者であって、信用保証付融資の連帯保証人

加入対象融資

①100万円以上1億円以下、証書貸付
②融資期間1年以上、2回以上の均等分割弁済
※当座貸越、カードローン、手形貸付、手形割引等、証書貸付の均等分割弁済以外は対象となりません。

申込手続

信用保証申込をされる際に、保証協会団信の加入を希望される場合は、通常の保証申込書類に加え、下記の書類が必要となります。
①債務弁済委託契約申込書
②「保証協会団信」申込書兼告知書(債務弁済委託契約に基づく特約料口座振替依頼書を含む)
※保証金額が、5,000万円超の場合は、所定の様式による「健康診断結果証明書」が必要となります。

特約料

信用保証料とは別に特約料の支払いが必要となります。
「保証協会団信」特約料試算